1/31:卒論カフェ~ギモンを種に成長しました

毎年、この日を楽しみにしている人も多い、卒論カフェ。 ナマケモノ教授こと辻信一さんの元、「スロー」につらなる様々なテーマの中から、学生さんたちが拾い上げ、考えたり、実践したり、ぶらぶらしたり、後ろに戻ったりしながら、渾身の力で書き上げた卒論です。 学生さん本人が、扱ったテーマのきっかけや論考した内容について、エピソードも交えて紹介していきます。まあるい聞思堂なので質問もしやすく、楽しく、おいしく、学べます。 テーマが多彩なのも辻ゼミの特徴のひとつで。平日ですが、ぜひお集まりください。 日時:2017年1月31日(火)16時~20時(三部構成、入退場自由) 会場:戸塚・善了寺(JR戸塚駅東口より徒歩5分)http://www.cafedelaterra.org/access 出演:明治学院大学国際学部大岩(辻)ゼミ4年生 コメント:辻信一(指導教官、環境活動家) お申込み: info@cafedelaterra.org まで、 お名前、人数、ひとことを添えてお申し込みください。 共催: カフェ・デラ・テラ 【発表テーマ】 1 2   『祭りの変化と社会との関わり』  祭りとフェスから考える現代社会での意義と役割 3 4 5   『愛の中で満ちてく』  長寿アニメで考える家族社会学 6 7   『空気という独裁者』  原子力発電と日本のメディアの在り方から /////////////////////////////////休憩///////////////////////////////// 8   『お寺がつくる新しい「つながり」とは』 9   『弱さと

1/24:ローカリゼーション・カフェ vol.1~岐阜・郡上に学ぶ

2017年のカフェ・デラ・テラのテーマは、「グローバルから、ローカルへ」。 世界のローカルな人たちが、今、ゆるやかなネットワークを育み、グローバルなシステムに替わる小さくて、循環していて、多様で、おいしくて、楽しいシステムづくりに挑戦しています。 私たちも、日本でそのロールモデルたちに学び、そのストーリーを世界と共有し、あたらしい文化を担っていきたい。ローカリゼーションの実践者を招き、その取り組みに学ぶ連続カフェを企画していきます。 第一回目のゲストは、糸カフェ店主の上村彩果さん。現在、故郷である岐阜県郡上市で、郡上八幡の人、自然、モノをつなぐキーパーソンとして活躍中です。 20代を都会でめまぐるしく過ごしてきた彩果さんの、ターニング・ポイントとは? 学生時代に学んだ「スロー哲学」が、彩果さんの暮らしにどう紡がれていったのか? ローカリゼーション運動としても注目を集めている郡上。その魅力とは? 聞きたいこと、たくさん。 今回は企画のスタートを祝して、ナマケモノ倶楽部共同代表で、岐阜県郡上にも拠点を築きつつある小澤陽祐さん、ナマケモノ倶楽部を辻さんと共に立ち上げ、「いのちを大事にするビジネス=スロービジネス」という思想で、しあわせの経済を実践してきた中村隆市さんも参加。 カフェタイムでは、オーガニックコーヒーやワイン、軽食もお楽しみいただけます。ぜひお集まりください。 日時:2017年1月24日(火)18時開場、18時半~20時半 会場:戸塚・善了寺(JR戸塚駅東口より徒歩5分)http://www.cafedelaterra.org/access トーク: 上村彩果(糸c

NPO法人カフェ・デラ・テラ

​〒244-0002神奈川県横浜市戸塚区矢部町125善了寺内

info@cafedelaterra.org

Socialize with us

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now